らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

スポンサーサイト

category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- -- |


初玉虫

category: 季語実感
初めて玉虫の実物を見た。死骸だったけど^^;
キランキランだった。
記念に持って帰ろうかしらんと思ったが、何気なくひっくり返したら、キランキランの緑の腹なのに、大っ嫌いなゴキブリそのもの!!
もう、キランキランでもひげがなくても、玉虫はゴキブリにしか見えなくなってしまった…………嗚呼!

玉虫は玉虫色の油虫  らくだ

(おぃ^^;


追記
時々、クワガタのメスの手頃な大きさのがひっくり返っていたりしたら、もうパニックである。
ギリギリ、セミとカブトムシとカナブンまで。

追記2
ひげが長いわりにかみきり虫は平気である。
別名のとおり水牛の角のような角度で、カッコイイとさえ思う。
スポンサーサイト

2014/08/11 Mon | | trackback(0) | comment(0)


迎春

category: もっぱら俳句
蹄鉄s


今年もよろしくお願いします。

2014/01/11 Sat | | trackback(0) | comment(0)


新企画

category: もっぱら俳句
ウラハイで露結さんのコーナーがスタートした。 (というか、露結さんのブログで先行スタートしていた)
その名も 【レコードジャケットで一句】
コメント投句から好き句をいくつか。(敬称略)
あ、その前に露結さんの句がまずイカしてる。

Bカップぐらいかしらと簾ごしに言う  山田露結

 簾ごしに見ているということで、こっちの話なのね。
 女のセリフのようだが、「自分のほうが勝ってる!」というニュアンスがあって可笑しい。

風琴を踏む足見えず夏ゆふべ  あめを

 渋い。風琴という言葉でジャケットの絵から作者の世界観に引きつけられる。

うすものをゆるやかに着てくずれけり  猫髭

 きれい! 色っぽい! そしてあやしい~!

立て膝のまま問ひ詰める薄暑かな  廣島屋

 女性の眼ぢからが如何にも問い詰める感じ。

こう見えて出てたの夏の甲子園  no_ra_co

 うーむ、この絵で夏の甲子園てスゴイな。
 俳句って自由なんだな。当り前だけど、今更ながら^^;

2013/06/15 Sat | | trackback(0) | comment(0)


今日のgoogle

category: ネタ帳
小林一茶

googleのロゴが日本語って初めてでは?
ということで記念に貼り付け。

ちなみに、ロゴの説明のポップアップは

  「ゆう然として山を見る蛙かな」小林一茶生誕250週年


なるほど。

2013/06/15 Sat | | trackback(1) | comment(0)


はがきハイク

category: 好き句
花粉症の時期になって、何をするのもげんなりして、俳句を作る気にならなくて、しばらく句会をサボっているうちに、春が終わってしまった。

もうこのまま俳句から足を洗った方がいいんじゃなかろうか、なんて思っていたら、はがきハイクが届いた。
ああ、やっぱりまた、この人達と遊びたいなぁと、そう思った。

 春やこの乗物酔ひのやうな恋   西原天気


恋の始まりはやっぱり春がいいなぁ。

春愁に淡き縁取りありにけり   笠井亞子


春愁って、はっきりそうと分からないくらいの、当人が何か他の原因に思い当たれば春愁でないものになってしまうような、そんなものかもしれない。他に思い当たらない場合を春愁といえばいいのかもしれない。
来年から花粉症じゃなくて春愁って言おう。

2013/05/06 Mon | | trackback(0) | comment(0)


おきら句リップ009

category: 好き句

金原まさ子百歳からのブログ」より

梟よトイレのドアは閉めなさい  (2012/11/19


すてきに楽しい句だ。とっても好き句!

ほぼ毎日アップされる句を読むと、金原さんの俳句脳は高校生並に若いと思う。
もちろん、俳句脳だけじゃないってことです。短冊の文字を見ても分かる。

2012/12/09 Sun | | trackback(0) | comment(0)


覚書

category: もっぱら俳句
ウラハイ = 裏「週刊俳句」(2012-10/8)

物だけを詠み、そこに“陳腐”と“独りよがり”のどちら側にも落ちない“一本の共感の稜線”を見出すことは、意外と高度なバランス感覚を要するのだと、あらためて思う。  (「月曜の一句 相子智恵」より)


 ここを目指すのだ!
 がっ!しかし。
 高度なバランス感覚がない凡才以下は陳腐かひとりよがりになるってことか……はぁ。

 いいや!
 気持ちだけでもそこを目指すのだっ!

2012/10/08 Mon | | trackback(0) | comment(0)


100題100句2012

category: 楽駄句
言い出しっぺの管理人のくせに、今頃やっと^^;

夏のうちに何とかしたかったけど、脳みそも溶ける暑さ。
ということで後半秋混じり。

続きを読む ...

2012/08/23 Thu | | trackback(0) | comment(0)


はがきハイク第6号

category: 好き句
猛暑の一日を終えて帰宅するとはがきハイクが届いていた。
うれし~!!
真夏の暑さの中だからこそ「わ~きれい!」と声が出てしまう、その色使い。
肝心の俳句より先に、近況ぽっちりをしっかと読む^^;
 
  
  大暑なり石をつつけば死んでをり   西原天気
  
   ……え??
   という、一番気になった句でした。
   
   
  六畳にただ風を撒く扇風機   笠井亞子
  
   うんうん。
   うちは、ここんとこ熱風になっとります……
   

2012/07/28 Sat | | trackback(0) | comment(0)


おきら句リップ008

category: 好き句
小池康生 「光(かげ)」より (週刊俳句 第274号

河鹿鳴く研ぎ師は光(かげ)を入れ替へて

はぁ~、美しい~。ため息。
日本刀のイメージしか浮かばなかった。思い込み激しすぎかしらん……
とっても好きな10句。



それにしても、007は3年前。
実は最初からトレースするつもりだったんだけど……
ただでさえ読むのが遅いうえに新しいのも気になるし、どんどん積み重なってくし、ゆっくり読んでからと思っていると永遠に書けない。
ので、もう場当たり的に暇ができたらに変更。

2012/07/22 Sun | | trackback(0) | comment(0)


プロフィール


沖らくだ
目指せ諧謔
カテゴリ
もっぱら俳句 (15)
好き句 (15)
題読 (2)
付け句 (1)
季語実感 (3)
ネタ帳 (2)
今日の天声人語 (6)
楽駄句 (3)
リンク
週刊俳句 Haiku Weekly
ウラハイ
毎日が忌日
以前の記事
コメント
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。